独自の制度 独自の制度

さくらフォレストでは組織が携わる全ての人が活き活きとした風土を育み、方向性を確認しながら果敢に目標にチャレンジできるそんな組織を目指しています。最高のサービスを発揮するためには、最高のサービスを提供する土台が必要。一人ひとりを成長をサポートするために、独自の制度が存在します。会社のためではなく、自分の人生のミッションを作ってもらうための合宿、ちょっと変わった福利厚生、ビジネスプランコンテストなどなど。。
さくらフォレストならではの制度で働く社員の成長をサポートしています。

  • さくらフォレスト名物

    感謝の朝礼

    身近な人への感謝の一言を言うだけの朝礼。始業前に心からのありがとうと口にすることにより、 良好な人間関係を構築できます。ひとりひとりの個性を引き出すことができ、組織や企業の活発化に繋がっています。 感謝の朝礼にはどんなコミュニケーションツールを使うよりもはるかに大きな効果があります。今までに約6,000人の方々に ご参加いただきました。

  • 数字の見える化

    四半期総会

    年に4回、3ヶ月ごとに各事業部の業績発表を行っております。 自分が所属する部署の状況を共有し合い、会社全体の流れを全員が把握することを目的の一つとしています。また大勢の人を目の前にして話すこの場は、新人にとっては様々な場面で臨機応変に話しができるようになる一つの機会。 効果的、印象的なプレゼンテーションを磨く場となっています。

  • 会社を運営していく仕組みを考える

    ワークショップ

    社内の仕組みや約束事のガイドラインを話し合います。人事・採用や給与体系、手当なども全て社員で決めていきます。その他の新規事業の推進や社内イベントの準備活動もワークショップ中心に行っています。

  • 会社を経営していく代表選挙

    取締役制度

    さくらフォレストは、2014年に親会社である株式会社ココシスより分社致しました。 もっと世の中に輩出できる人財を育てるために、 取締役制度を導入。独自の選挙方法で取締役、執行役員を選定しています。

  • 自分の人生のミッションを考える

    研修制度

    会社のために働くのではなく、自分の人生のミッションを作ってもらうための合宿。 将来自分がどうなりたいのか、最終的には何をしていたいのか、やりたいことが明確になると仕事に活力が生まれます。自分の人生を活き活きと過ごすために、自分のビジョンを描いて、ドキドキわくわくできるようなミッションを見つめる合宿を定期的に行っています。

  • 産後も活躍

    ベビーシッター制度

    育児と仕事の両立に頭を悩ませる復職後の女性社員のためにできた育児支援制度。ベビーシッター制度のおかげでキャリアの中断を最小限に抑えることができ、仕事復帰することが可能になりました。

  • ありがとうを伝えよう

    親孝行DAY

    いつもは照れ臭くて伝えられないけれど、たまにはきちんと大切な人たちに「ありがとう」という気持ちを伝えられる日をつくろう。 通常の有給とは別に、年に1度親孝行DAYとして有給を取ることができるだけでなく、大切な人のために使う「心の報酬」として会社から2万円支給されます。大切な人を笑顔にするためにどう感謝を伝えるかはあなた次第です。

  • なんでも相談できる

    シスターブラザー制度

    姉妹や兄弟のように、後輩は業務に拘わらず何でも相談でき、 先輩は後輩へ風土を伝えることができます。 日常の仕事のチーム、年齢、男女に関わらず、3〜4人でチーム分けをしています。

  • 読書推奨

    さくら図書制度

    さくらフォレストでは、読書することを推奨しています。自分の成長のために役立つ書籍は、全て会社が負担してくれるという制度。ルールは、事務所に設置してある本棚に返すこと。オススメだと思った本は、スタッフみんなで共有したり、回し読みしたりしています。